長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

ライチョウの情報提供のお願い

報道などでご存知の方も多いかと思いますが、お隣・山岳博物館

飼育中のニホンライチョウが12月10日(土)午前、飼育施設から逃げました。

逃げた2羽のうち、オス1羽については脱走当日に無事捕獲されましたが

現在、メス1羽がまだ見つかっていません。

全体が既に白くなっており、足に青い輪っかをつけています。

大きさはニワトリより小さく、ハトより少し大きいです。

意外と俊敏で捕獲するのはなかなか難しく、傷つけてしまう恐れも

あるかと思います。

もしも見かけた方は、無理に捕まえようとせず

山岳博物館(電話0261-22-0211)へご連絡ください。

他にも、何か痕跡等がありましたら、是非ご連絡をお願いします。

専門家によると「一度に数キロ飛ぶことも考えられる」とのことで、

既に遠方まで移動している可能性もあります。

どうか、みなさまのご協力をお願いいたします。

(下記の写真はクリックで拡大)

※脱走した個体は写真・左のメス

sketch-1481511766080

(写真:©大町山岳博物館 提供)


Updated: 2016年12月12日 — 12:12 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.