長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

いざ、槍ヶ岳!【前編】(夏山入門コース最終回)

週末に開催されたもう一つの講習、夏山入門コースの最終回

「チャレンジ!槍ヶ岳登山」の様子を2回にわたりお伝えします。

——————————————————————————–

登山の初心者の方が対象の「夏山入門コース」。

6月から、こつこつとレベルアップを重ね、この日を迎えました。

RIMG5862

上高地のバスターミナルで班会。いよいよ出発を前に、

登山計画を確認。準備体操して、いざ!!

RIMG5870

河童橋の向こうには、青い空、緑の山並み。

おのずとテンションが上がります。

RIMG5880

途中、休憩時には地図読みや気象についても話をしました。

RIMG5891

引率は熟練の講師たち、岩登りルートや、バリエーションルートの

話が出て、「あんなところ登れるの~?!」と皆さんも興味津々!

RIMG5897

横尾までは平坦な歩道が続きます。

空を見たり、地形を見たり、歩き方について話をしたり。

途中には、登山者カウンターが設置されていました。

RIMG5914

横尾を過ぎると、槍沢沿いの緩やかな登山道に。

「あっ!!」皆さんの視線の先には・・・

RIMG5913

悠々とイワナが泳いでいました。さすがは清流!!

その後、本日のお宿「槍沢ロッヂ」に到着です。

RIMG5917

ヘリポートのスペースをお借りして、ツェルトの

有効利用について学びました。

RIMG5919

緊急時や休憩時の利用法、素早く設営する方法など、

状況に応じた使い方を学びました。

RIMG5945

食後は、各会の反省会と、全体での交流会。

山の話は尽きませんが、明日のために早めに休みました。

——————————————————————-

RIMG5957

二日目は、予報通り、朝から雨。

RIMG5978

しかしながら、明け方の土砂降りとは違い、行動開始時間には

それほど強い降りではなく、一安心。

RIMG5985

講師の指導も受けながら、とはいえ今回は「卒業講習」。

班ごとに「主体的」に行動を進めました。

各班ともこの頃には立派な「パーティー」に!

苦しい登りも、楽しい仲間と徐々に高度を上げていきます。

RIMG5988

時折、雨の止み間もあり、午後の登頂に期待も出てきました。

RIMG5996

槍ヶ岳を開山したとして知られる播隆上人が滞在した

と言われる「播隆窟」、通称「坊主岩小屋」。

ちなみに、来週末は槍ヶ岳山荘で播隆上人をしのび、

「播隆祭」が行われます。

RIMG5998

チングルマも水滴をまとって、秋の始まりを告げています。

RIMG6002

景色がない中、山荘までのカウントダウン「あと○○○m」の

表示に励まされつつ登って行きました。

RIMG6006

そしてついに、山荘到着!!

予定では、今日登頂したいところ・・・

しかし、小屋から穂先が見えない状況。

余りの悪天候では、安全上、登頂はあきらめざるを得ません。

さてどうなるやら・・・

【後半】は、明日のブログに続きます~。


Updated: 2016年8月29日 — 10:14 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.