長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

親子で、雪山のテッペンへ!(「雪のたかがり山ハイク!」)

大町は例年より雪は少ないものの、この時期は周りの山々は真っ白です。
センターでは、これまで大人向けの雪山講習会は数多く開催していますが、子どもが雪山に登る、という企画は初めて!!
今日は、記念すべきセンター初!となる、小学生&保護者対象の「雪山ハイキング」を開催しました!
今日集まったメンバーは、「山の仲間」。
地元っ子たちも、夏しか行ったことがない、とのこと。
雪山の山頂に行くには、みんなが元気で登れることが条件。何かあったら、安全第一で引き返すこともあるかも。そんなお話をしてから、いざ、出発!!

 お子さんたちは、はじめは少し静か~に歩いていましたが・・・
 登山道に入ると、早速、動物の足跡や、「緑の物体」(地衣類が雪の上に舞い降りたものでした)など、いろいろな「はっけん!!」が!!
先ほどまでの静けさ?はどこへやら、あっという間ににぎやかに~♪♪♪

 途中の休憩場所では、おやつもそこそこに?!斜面でみんなでソリ遊び!!
 (Hさん、ソリありがとうございました!!)
 途中、雪が降りしきってきましたが、そんなことは関係なーし!!
 それにしても、エンドレスに滑りまくる子どもたちに、スタッフも「山頂行く体力、残しておいてよー!!」。そんな心配もよそに・・・

急な斜面もなんのその?!ぐいぐい高度を上げていきます。
このころにはすっかり雪も上がり、町も良く見えてきました✨
みんなで、「やっほー!!」と呼んでみれば、お隣の南鷹狩山はちゃーんと「やっほー!!!」と答えてくれましたよ♪

途中、ルートや現在地の確認も忘れずに。
 「標高〇〇まで来たよ!」「あと〇〇メートル!!」
声を掛け合って、チームで山頂を目指します。
看板に乗ってるアヒルさんにも元気をもらいました!(笑)

 最後は、こんな急な登り!!
 でも、誰一人、いやだと言わずに、登り切りましたよ!!
 それどころか・・・

 山頂直下では、トレースを外れて猛ダッシュ(笑)
 大人は全員トレースどおりでゆっくりと~(笑)

そのままの勢い?で、全員で展望台へGO!!
この頃には、だいぶ雲が取れて、鹿島槍と爺が岳のあたまもひょっこり見えました!
しばらく、雪の大展望を楽しみながら、休憩しました。
帰りは少しルートを変えて、神社に無事の下山をお参りしてから、いざ、下山!

鷹狩山名物?神社参道の大階段が、素晴らしいスロープに!
「ソリで降りたい!!」と騒ぐ子どもたちに、「暴走特急になるからやめて~」と、なんとかあきらめてもらい(笑)、それでもあっという間に駆け降りていきました。(笑)

下りはとにかくあっという間。時間にも少し余裕が出来たので、元気な子どもたちに、最後の休憩時にもう一度ソリ遊びを楽しんでもらいました!

 それでも飽き足らず、登山道を滑り降りる子どもたち(笑)。
 終始、楽しい笑い声が響く雪のハイキングとなりました。
 初の試みで、山頂まで到達できないかなぁなんて思っていましたが、条件にもメンバーにも恵まれ、雪のたかがり山をみんなで満喫することが出来ました!!
 参加してくださった皆さま、ありがとうございました!!
 また楽しい企画を考えたいと思いますので、ぜひぜひ参加してね~♪
 (2月18日(日)は、今話題の「雪板」で遊ぶよ!!
  保護者さんの方がハマるかも?!(笑)ぜひお待ちしてまーす!!)
  雪板ってこんなやつです↓
佐久平ロッククライミングセンターのInstagram記事へ
  ※当日は雪板先生こと浅井さんも来てくれますよ~♪
最後になりましたが、 本日、楽しくサポートしてくれたスタッフの皆さま、ありがとうございました!!


Updated: 2023年2月5日 — 11:23 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.