長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

最前線で働く皆さんと!/(遭対協訓練/ショップスタッフ研修)

 昨日(11/16)の朝は、各地で雪の便りが聞かれましたが、大町市内でもこんな景色が!!

 里山の頭が白い!!✨❄
 そういえば、先週末に、「雪虫」が舞っていたんですよ~。
 市街地に降るのは、いつになるやら・・・
 雪山登山シーズンも、そろそろ本番ですね!
 さて、そんな中、今週は二つの研修会がセンターで開催されました!

 一つ目は、長野県山岳遭難防止対策協会の研修会です。
 県警と遭対協の皆さんが、3日間にわたって机上と実技の訓練を実施されました。

 事故発生時には、一緒に捜索・救助活動を行うこともあるプロフェッショナルたち。実践的な内容の研修にそれぞれ真剣に取り組まれていました。
 研修は今日で終わり。参加された皆さま、お疲れさまでした!!

 もう一つの研修会は、センター主催でのこちらもプロフェッショナル対象の研修会でした。今回、初の取り組みとなる「信州山岳アウトドア研修」です。
 この対象者は、いつもセンター職員もお世話になっている、アウトドアショップのスタッフさんたち。

 信州はなんといっても山岳県。そこにあるアウトドアショップのスタッフさんたちは、登山者の皆さんと最前線で関わる機会も多いです。そんな皆さんと我々が連携して情報共有したり、お互いに研鑽することで、安全登山の意識をさらに高めようという取り組みです。

 最近の登山界の傾向や、最新ギアのことなど、皆さんさすがプロフェッショナル。知識だけでなく、意識も高く、それぞれのショップの特性を活かしたプレゼンもあり、職員もいろいろと学ばせていただきました!
 スタッフさん一押しギアのコーナーでは、各店舗のあんな一品、こんな一品の話が聞けました!そんな中、変わり種?!ですが、そのメーカーらしさが出ているものを紹介してくださったスタッフさんも。↓そのうちの一つ・・・

 ハーフシュラフとエクスペディションに対応したダウンジャケットで、フルサイズのシュラフ機能を持たせたもの。海外のビッグウォールの中でのビバークなどに対応すべく、暖かさと軽さを両立するためのギアとのこと。なるほど!
 体験したJK曰く、「超あったかい・・・持って帰りたい・・・」(笑)。

今回は、主に白馬エリアのスタッフさんが多かったのですが、それぞれの得意分野も異なるので、補い合うこともできるとのこと。今後もさらに連携を深めて行ければとおっしゃっていました。

 午後からは、実技研修を兼ねたボルダリング体験。体験と言いつつ、センターの壁の常連さんも多くて(笑)、皆さん楽しそうに登っていらっしゃいました。
 今後も、さらに長野県のアウトドア業界の皆さんとの連携を深め、さらに楽しく安全な登山の普及に一緒に力を合わせていけたらと思っております。
 参加してくださったパタゴニア白馬THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBAスノーピークランド ステーション白馬Restaurant雪峰の皆様、お忙しい中ありがとうございました!


Updated: 2022年11月17日 — 5:30 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.