長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

常連さん、お帰りなさい!(センター施設利用)

新型コロナウィルスの感染拡大に伴って、ご利用が少なく、少々さみしかったセンターの施設ご利用。
12月に入って、やっと少しずつ、例年ご利用の皆さまにお会いできている今日この頃です。

まず、トップバッターは、センターリーダーコース修了生のチーム!

真剣に協議中!

 同期の皆さんで、山岳会を結成されて、定期的に活動を行っています。
そして、年末に1年の振り返りと翌年の計画を実施する、いわば総会を毎年、母校?センターにてやっていらっしゃるんです。素晴らしい!
 昨年はコロナ禍で叶わなかったのですがことしは2年ぶりの「里帰り」。

意見を出し合いながら。

 そのほか、指導者研修会に参加された方が、伝達講習を実施。
雪山での活動に向けて、良い研修となったようでした。
 また、皆さんにお会いできるのを楽しみにしていますよー!

 続いては、長野県警山岳救助隊の皆さんも!

新しい機材を試しています

 新しい機材を試したり、基本的な訓練を行ったり。この日はとても寒くて、外は冷たい雨だったのですが、そんな中でも隊員の皆さんは声を張って、真剣に訓練に励まれていました。

 そして、こちらも、スキーシーズンの始めに、いつもご利用下さる、ガイドのNさんとHさん、Sさん。
 バックカントリーツアーに向けて、雪上搬送の手順を確認されていました。
 こうやって、しっかり自己研鑽されているガイドさんと一緒に山に行きたいものですね💓

厳しい山中での色々なケースを想定しながら、実践されていました

   そして、昨日、今日と、山岳救助隊の第二弾のみなさまがご来所中!

頼もしい後ろ姿!

 今日は、前回と打って変わって、穏やかな天気となりました。

アバランチビーコンの機能について、シーズン初めのおさらいだそうです

 救助隊の皆さん、雪山シーズンに向けた、救助の手順の再確認と訓練を行っていました。
  登山者の我々も、積雪期に向けて、しっかり準備を行いましょう!!


Updated: 2021年12月10日 — 2:48 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.