長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

2021年度 夏山リーダーコース 下見に行ってき・ま・し・た。 part1

こんにちは。職員Oです。毎日、雨が続きますね。さて今回はリーダーコース下見報告です。

 

これまでも、これからも、リーダーコースでは、「危険を回避する、または陥ってしまったときに対処する」を学ぶのですが、

リニューアルして、これまでよりも、シチュエーショントレーニング中心 に学ぶカリキュラムになります。

 

登山中にある危険を、事前に予測し、その要因となるものを見つけ出し、要因からどのような状況になったら危険と判断するのか、危険を回避するためにリーダーとして何を準備すればよいのか、またどのように対処するのかをメンバーで考えます。

 

そのあと、危険を回避、または対処する方法を実技講習で学び、

つぎに、実際に登山を行いながら、起こる出来事について、実際に対処。

学んだあと、実践するので、

身につきやすくなっています。

 

そんなわけで、より実践に近い形で学べるような場所が必要。

しかし、講習の時、天候が良いとは限らない。

現在予定している場所は大雨が降ってしまうと危険が予測されるので、

(実践に近いところとはいっても、実際に危険なところはNGですので)

ちょうど雨続きの後の今日、それこそ、「実践に近い形」の下見に行ってきました(笑)。

 

まずは現地までのアプローチ。雨で危なくならないかチェック。

雨のせいではないですが、ちょっと凸凹あり。

トイレなど必要な設備が使用できるかチェック!

いざ、山へ。

登る・・・

登る・・・

 

職員Aは道すがら、カモシカさんの形跡や、花などをチェック。

リーダーコースにはあまり関係ないですけど(笑)

  

  

あまりの急登続きに「ずり落ちていって怒られる」の図(笑)

 

登り詰めると町を一望!(一応、ご褒美も用意)

 

こんなに藪藪じゃ使えないな~。別のところ行きましょう!えー、マジ?

下りる。

 

いろんなルートを歩き回ってさまようこと数時間・・・。

 

幕営地のそばにはこんな素敵な沢や池も!

 

天候によるリスクがなければ、この下見の内容は、日の目を見ることがないかもしれません(こんなにうろうろしたのに~)が、「備えあれば患いなし」、実際に自分の目で見て判断する、センターの考える登山の形の1つを実践です!!

 

(おまけ)センター職員何名で行ったでしょう?

※回答は次回!!

正解しても、何も出ません。大変なのでコメントで回答いただいてもこたえません!!!

 


Updated: 2021年5月23日 — 7:27 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.