長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

高校山岳部顧問向けの研修会、ありました。

この月曜日の夕方から火曜日にかけて、

高校山岳部の顧問の先生方を対象とした研修会がありました。

 

月曜日の夜は、

雪崩に遭ってしまった際の捜索と救助についての座学研修。

 

翌火曜日は、針ノ木雪渓での実技研修。

心配された天気ですが、

多少雨に降られた程度で、予定通り実技研修が実施できました。

 

当日の様子は・・・・・・

 

先ず登山口の扇沢駅で、入山準備。

登山口での生徒向けへの声掛け等についても確認しました。

雨上がりということで、ところどころで落石も。

顧問の立場で危険個所を通過する際に気を付けることについて、

みんなで意見を出し合いました。

雪どけもだいぶ進み、沢の水量はかなり増えています。

山の色は、黒さを増してきていました。

大沢では、

雪崩埋没者探索の方法を、繰り返し確認しました。

雪上で実践的に学ぶことにより、より理解が深まったようです。

座学研修だけでは身につかない知識、技術を学ぶことができた

針ノ木雪渓での実技研修になりました。

ここで学んだことを、

ぜひ学校現場での生徒への指導の場面で、生かしていただければと思います。

 


Updated: 2021年5月19日 — 2:32 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.