長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

ホネってすごい!!(「ホネホネパズル講座」終了!)

信州の山や、山の自然のことをもっと知ろう!ということで始まった、【すごいぞ!信州の山シリーズ】。

今回は、小学生とその保護者を対象にした「ホネホネパズル講座」!

こちら、始まる前の様子です。

真ん中に頭蓋骨だけがポツーン。

まわりには、バラバラの骨たち。

さあ、これがどうなるのか?!

まず初めに、今日の先生、市立大町山岳博物館の藤田さんから、お話を聞きます。

クイズもあって、ホネホネパズルの主役も興味津々?!

そして、教室のなかには、他にもいろーんなホネホネが♪

いろーんな骨を見たり触ったり、みんな大喜び!!

カラスやキツネ、テン、タヌキ、イノシシ、そしてカエルや蛇など・・・

「夜になったら動き出す?!」なんて言ってた子もいました!(笑)

こちらは、休憩時間の一幕。

プロジェクターを使って、参加のYちゃんとM君がかわいい影絵♪

ひとやすみしたら、さあ、いざパズルに挑戦!!

まずは、みんなで体の真ん中を組み立てます。

「難しい~」と言いながらも、こどもたちみんな力を合わせて・・・

結構順調に、つながりましたよ!!

心なしか、骨がもどって主役もうれしそう!?

さあ、次はグループに分かれて、もっと難しい「足」の部分。

とっても細かい骨がたくさーん。

これがまた、かなり手ごわいんです。

正直にいうと、打ち合わせの時に職員Aは、1時間でヒントもらいまくって、少しできただけでした・・・

ところが。

むむむ!!すごいじゃないですか!!

 

先生に少しだけヒントをもらったり・・・

「クマと形が近いから、見てみよう!」と、展示を見に行ったり。

子どもたちの力で、どんどん組みあがっていきました!

そして、その後は、2階の展示コーナーで、今日の「主役」が誰なのか?

リサーチしに行きました!

大きさや、爪のかたち、歯の様子などなど・・・

剥製を行ったり来たりして、しっかり観察。

みんなで出した答えは・・・「ニホンジカ」。

さあ、一体、骨の持ち主はだあれ?!

ななんと!!見事「正解」!!でした★

ちなみに、体重60キロ、1歳のニホンジカということです。

年齢を重ねたら、角が生えて、身体ももーっと大きくなるんだね!

子どもたちも、親御さんも、スタッフも!笑 みーんな楽しくあっという間の3時間でした。

参加してくれた皆さん、これから動物をみるときは、「ホネホネ」も想像してみてね!!

さんぱく&センターにまた、遊びに来てね~!!

藤田先生、サポート頂いたKさん、ありがとうございました!!


Updated: 2021年7月4日 — 9:36 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.