長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

所長のひと言(46)「良い年になりますように」

2021年がスタートしました。

今年も山岳総合センターをよろしくお願いいたします。

 

新年初日のセンター周辺は、写真の様な積雪状況でした。

昨年は雪のないスタートでしたが、今年の仕事始めは雪かきからでした。

 

新しい年のスタートですが・・・・・

本日「緊急事態宣言」が発令されました。

今年もコロナ禍の1年になるのではないかと心配です。

今週末に予定していた小学生対象の「わくわくチャレンジ教室」は、

この様な状況での開催は難しいと判断をして、中止としました。

 

さて、この年末年始と2020年の長野県内の山岳遭難について振り返ってみたいと思います。

先ずこの年末年始(12月29日~1月3日)ですが、山岳遭難件数は、ここ5年間で一番少ない1件でした。

コロナ禍での年末年始であったことと、悪天候の予報が出ていたことが影響したかと思われます。

2020年1年間で見ると、発生件数は183件と、2019年に比べて82件の減少でした。遭難人数は、11年ぶりに200人を下回る198人となりました。

この減少は、間違いなく登山者数が減ったことが影響しているからでしょう。

 

この中で、気になることが一つあります。

それは、前年に比べて死者数のみが増えているということです。

昨年の20人に比べて12人増えて、32人となっています。

山菜キノコ採り関連での死者が前年比で3人増えていることも影響していると思われますが、これだけでは説明しきれません。

2020年は、重大な山岳遭難事故の発生確率が高かった1年といえます。

この原因は・・・・・?

 

2021年、

コロナも終息して、山岳遭難も減る1年であってほしいものです。

 

最後に、この週末は今季最強の寒波襲来との予報が出ています。

センターから見た大町市内もご覧の通り。

寒波、そしてコロナにお気をつけてお過ごしください。

 

 


Updated: 2021年1月7日 — 6:18 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.