長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

G11 クライマーのための心と身体の整え方 を開催いたしました。

土曜日の ヨガと自然派料理を楽しみながら行う疲れない身体作り の講習に引き続き 昨日の日曜日は G11 クライマーのための心と身体の整え方 が開催されました。

土曜日と同じく、始める前に参加者の皆さんがどういったことを学びに来られたのか、アンケート用紙で簡単にお伺いしてからスタート。

はじめはマントラを唱えるところからです。ヨガを伝えてくれた方に感謝の気持ちを込めるそうです。見た目はお祈りっぽいですが、自分の発した声が響きとして体全体に伝わる感じがとっても気持ちよいです。職員Oはこれにドはまりしそうです。そして感謝の気持ちって、なんとなく心を鎮めてくれるので大好きです。

 

 

 

 

 

難しいポーズでは参加者の方からの言葉にならない ”ん???” という質問が出ていました。通訳させていただくと”そんなところに脚は行かないよ”ってな感じでしょうか。

でも大丈夫、大切なのは意識、ということを教えていただきました。

ところどころで参加者の方の悩みを伺いながら、笑顔で和やかに、そしてビシバシ、指導してくれる羽山さん。

そしてクライミングの時間。メインはお話。それぞれのお悩みに講師からだけでなく参加者の経験なども聞き、ヒントを得ながら考えていく時間となりました。

力まかせではなくできるだけ楽に登れる動き方の指導もありましたが、つよクライマーの方はクライミングはちょこっとやって、ヨガの復習を参加者同士行っておられました。

お昼ご飯の時間も忘れてクライミング~。皆さん楽しいんですね~。

昼食の後は回復のポーズ、・・・と土曜日もやりました、逆転のポーズ。

 

最後は合掌。

 

クライミングだけでなく、日常生活の中で、めいっぱい?力を抜く時間や自分の心を身体を見つめなおす時間ってこれまで取ってこなかったのでとっていきたいとおっしゃて下さる参加者もいらっしゃったり、それぞれの参加者の方がそれぞれ色々な気づきを得ていただいたようです。

 

皆さんから次回あればぜひ!というご感想をいただきました。

センターとしてはご満足いただけて、ほっと一安心。

またできるといいなー。

 

参加者の皆さん、開催に協力してくれたセンター職員、いい話を聞かせてくれたBJK、そして講師として気づきを教えてくれた、羽山さん、すべてのことに感謝して、閉じたいと思います。

 

合掌。

 


Updated: 2020年7月20日 — 9:26 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.