長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

身近な春の気配、ライチョウさんも!

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全世界的に大変な局面となっています。

センターもボルダリング壁利用休止、また当面の講習会中止など様々な対応を迫られています。

今シーズンから新しいコース「雪山アドバンストコース春山コース」を開講予定でしたが、影響を考慮し中止としました。リーダーコースについても、4月~5月中については一旦中止を決めました。

職員や講師も残念な思いではあるものの状況を考慮すると致し方ないと考えています。

山小屋や登山ショップ、また登山口に至る交通機関なども対策を始めています。

登山好きな皆さまにとっても、色々とご心配なことがあるかと思います。

公共交通機関の利用、パーティー登山、登山道でのすれ違い、宿泊場所などなど・・・

既にツアー登山や登山のイベント等も中止が相次いでいる状況です。

市街地等の密閉された空間での活動とは異なるとはいえ、やはり登山者それぞれにも配慮や対策が必要ですね。

今はとにかく、耐える時期。

一刻も早い収束のために、我々登山者も一丸となってコロナという敵に立ち向かいましょう!!

———————————————————————————–

今日は、朝方は雪や雨が降っていましたが、日が出るとまさに春の陽気。

桜のつぼみ、だいぶふくらみました!

毎年定点観測しているセンター裏の残雪。

先日の雪で増量されましたが、それでもだいぶ消えました。

そうだ、「あのこ」たちの色は変わったかな??

と、隣の山岳博物館付属園へGO!!

まずは入口にいるスバールバルライチョウさん。

クリックで拡大します。どこにいるかわかるかな~?

こちら、ニホンライチョウの女の子。

まだまだ「大福感」が強いですが、少し黒っぽい羽根も見えてきました!

そして、こちら、現在展示トレーニング中の男の子。

だいぶ落ち着いてきた様子です。

(窓のシマシマは、衝突防止のためのテープです)

お!こちらは、だいぶ「ごま塩感」が増してきましたね!!

現在繁殖シーズンに入っているとのことで、飼育員さんに若干反抗的な日もあるらしいです(笑)

こちら、外にある池では・・・

(クリックで拡大)

水辺に春を告げる花2種類が咲いていました。

ザゼンソウとリュウキンカです。

訪問時は来園者も私のみでしたが、良い気分転換になりました。

コロナ感染防止対策でなかなか、遠方に行けない方も多いかと思います。

しかし、昨今の外出自粛による運動不足の危険性についても指摘されています。

もちろん安全第一ではありますが、家の中や安全が確保できる範囲で体を動かせると良いですね!


Updated: 2020年4月2日 — 12:21 PM

1 Comment

Add a Comment
  1. わかりました。
    講習会中止は残念ですが、集団感染したら大変な事になりますからね。
    早くコロナ騒動が、終息するのを待っています。
    それまで、自宅で体力維持に努めます。(ジムにも行けないですからね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.