長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

爺ヶ岳・東尾根~赤岩尾根(「みんなの山写真」)

3月8日~9日で爺ヶ岳・東尾根に行かれたTさん&Sさん

から写真が届きました!

ちなみに大町市では、4日と6~7日にかけて降雨&降雪がありました。

山の上はどうなっているのかも気になるところ。

(※ルートは東尾根→爺ヶ岳→赤岩尾根)

こちらは、P2からP1に向かう稜線上。

この写真ではアイゼンですが、降雪直後ということと、

気温が上がったことで雪が腐っていて、ズボズボだったとか。

ワカン、アイゼンを適宜使い分けしながらの登高となったそうです。

こちらは、アタック日の朝。

引き続き青空が広がりましたが、風強し!

頂上近くでも、表面がクラストしていて、ズボっと

はまるところも多かったそうで、ここでもラッセル。

しかし、ご褒美?!でしょうか、山頂では微風に!

槍から剱、360度の絶景が楽しめたそうですよ!

こちら、赤岩尾根に向かう途中で振り返った、

爺ヶ岳北峰方面、雪と地形の織り成す襞が美しい。

雪庇の張り出しも良く分かりますね。

赤岩尾根の上部では、またもズボってラッセル!

さすが、体力のあるお二人ならでは!

高千穂平から振り返って。

9日は、土曜日と言うことで入山された方も多かったようですが、

途中敗退して下山した方も多かったようです。

このような不安定要素の多い積雪状況では、特に判断力、

体力ともに高いものが求められます。

Tさん&Sさん、写真&レポートありがとうございました!


Updated: 2019年3月11日 — 9:40 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.