長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

爺ヶ岳・南尾根(「みんなの山写真」)

本日の、爺ヶ岳・南尾根の写真が届きました!

(松本岳友会ライフ&マウントのJ&Nのお二人、

ありがとうございました!)

※このルートは、厳冬期登山の知識・技術・経験が

必要です。安易に立ち入らないようにしてください。

————————————————–

柏原新道の入口。

日向山の通行止めゲートから、ここまで、

車道を1時間半ほど歩きます。

最初はワカンをつけましたが、意外と固く雪面が凍っていて

ソッコーでアイゼンに履き替え。

途中で適当に、南尾根に取り付きます。

雪は少ないものの、ヤブはそれほどうるさくありません。

8時頃になってやっと、赤沢岳方面が見えてきました。

ただ、稜線上は雲に覆われています。

上に行くほど、ブッシュが出てきました。

雪はかなり固く、アイゼンが良く効きます。

ジャンクションピークの手前辺りで、一気に視界が開けました。

それまではあったトレースも、消え去り、自分たちの道を刻みます。

JPの標識。

蓮華岳~針ノ木雪渓方面。

山頂手前。

大変風が強く、寒さも一気に増しました。

ここで、なんと、真っ白いライチョウさんに遭遇!

ダッシュで逃げられて、写真は撮れなかったとか・・・

登ってきた南尾根方面を振り返って。

薄雲の間、遠くに槍ヶ岳も見えました。

爺ヶ岳南峰頂上。

山頂の道標も、埋まっていませんね~。

やはり雪は少ない!!

稜線は風が強く、長居は無用!下山を開始。

下りは、アイゼンに雪団子がつきやすく、少し

歩きづらかったですが、順調に下りてきました。

特に、日が当たると春の風情!

体感的には、4月下旬ころの陽気に感じたそうです。

L&MのJさん&Nさん、ありがとうございました!


Updated: 2019年3月1日 — 5:44 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.