長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

岩登り中にアクシデントが起きたらどうする…

この週末に行われた

「岩登りのリスクとその回避」講習では、

岩登り中にアクシデントが起きたときの、

対処法について実践的に学びました。

 

1日目は、

PB033494

登り返しの技術や、確保時の自己脱出法等について、

頭で理解するだけではなく、

身体が覚えるまで繰り返し練習をしました。

 

2日目は、

岩登り中のアクシデントを想定し、

その場でどのように対処したらよいかについて、

みんなで考えながら実践してみました。

PB043510

先ず、高さのないところで方法や手順の確認。

次は実際に登って、高さのあるテラスで実践。

PB043524

PB043517

下でできたことも、高さが加わることで緊張感が増し、

思わぬトラブルも発生して、なかなか上手くできない場面も。

 

最後に、トップが墜落したことを模してタイヤを落とし、

トップ墜落時の確保体験をしました。

PB043540

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参加された皆さんが、

真剣に考え、積極的に学んでいる姿が印象に残った2日間でした。

アクシデントは、起こさないことがまず一番大事なこと。

そして、アクシデントが起きた時の対処法の「引き出し」を、

いくつか持っていることも大事なことです。

今回の講習は、この「引き出し」を増やす機会になったのではないでしょうか。

 


Updated: 2018年11月6日 — 10:22 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.