長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

権現岳(新潟県糸魚川市)(「みんなの山写真」)

今日ご紹介する山は、珍しく?標高1,104mの山。

お隣・新潟県は糸魚川市にある「権現岳」からの写真です。

標高1,316m「鉾ヶ岳」の前衛峰でもあります。

(※なお、この辺りは標高的にはさほど高くないですが、

岩場・鎖場が連続する中・上級者向けの山です)

RIMG9887

 

登る前にちょっとお勉強。

権現岳は、糸魚川ユネスコ世界ジオパークの一つにも

指定されている、景観的・地質的にも特徴的な山です。

(ちなみに、花崗閃緑ひん岩という岩石でできています)

地質図幅

産総研:地質図Naviより)

過去には地滑りや雪崩などの恐ろしい災害もありました。

麓の集落・柵口(ませぐち)には、雪崩誘導堤などが

設けられており、案内板が設置されています。

しかし同時に、天然ガスや温泉など、自然の

恵みももたらしています。

RIMG0036

柵口ルートの登山口には、水場と、公衆電話の台を利用?

した登山届記録台が。

RIMG9899

前日の雨で少し滑りやすいので、注意して進みます。

すぐに、結構な急登に・・・

国土地理院地図

国土地理院地図より)

麓から山頂までは、およそ700mの標高差。

「白滝」とある少し南側から尾根に向かって

登り上げるのですが、途中、等高線がかなり

混み合っているのが分かります。

(但し、ルートは国土地理院地図より多少変わっています)

RIMG9905

しばらく行くと、噂?の鎖&ロープ場が出てきます。

(ふつうは「ロープ・鎖は補助」という場所が多いですが、

このルートは「ロープがないと無理」というレベルの

岩場が結構あります・・・整備される地元の方に感謝。)

RIMG9906

上から見るとこんな感じです。

RIMG9909

 

標高を上げると、見晴らしがよくなってきました!

しかし、足元はぬめった岩と落ち葉で滑りやすく、気が抜けません。

RIMG9916

途中いくつか、特徴的な場所があるのですが、その一つである

「胎内洞(たいないどう)」。

RIMG9920

真っ暗な中、岩に気をつけながら通過。

思ったより中が広くてびっくりしました。

RIMG9927

こちらは、少し尾根の傾斜が緩んだところにある

「天狗屋敷」。祠があります。

RIMG9929

向かい側に見える紅葉が素晴らしかったです。

RIMG9938

ここは「はさみ岩」。人が一人やっと通れる幅。

RIMG9942

そして、頂上手前にある「白山権現」。

古くから信仰の山として親しまれてきたことがうかがえます。

お参りをして山頂へ向かいます。

RIMG9970

1,104m、権現岳の山頂に到着!

正面には主峰ともいえる鉾ヶ岳が。

縦走も出来るのですが、今回はここまでとします。

RIMG9993

少し雲が厚く残念でしたが、日本海が良く望めました。

一休みして、登りよりさらに気が抜けない?!下山開始。

RIMG0006

上の方の木々はすっかり葉が落ちています。

RIMG0027

特に急なところはクライムダウンで。

足を踏み外さないよう、慎重に降りてきました。

RIMG0032

麓近くについてほっとすると、登山道わきに

良い香りが漂っていて・・・実のなる木を発見!!

ミニキウイといった風情の「サルナシ」でした。

無事に下山し、ふもとの温泉で汗を流して帰路につきました。

この辺りの山らしい、存在感も登り応えもある山でした!


Updated: 2018年10月29日 — 10:22 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.