長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

夏の空は忙しい!~湯俣と下界の空模様比較~

このところ、毎朝、北アルプスの稜線が良く見えています。

大町は日中は暑いですが、朝晩はひんやり、冷たい風が吹くように!

稲穂もだいぶ首を垂れてきて、初秋の風情・・・

昨日も稜線では、雷様がいばっていたそうですが、今日も雷予報が出ていました。

今日は所長のかっさん&職員JKが、大町の奥座敷、高瀬渓谷・湯俣へ下見に。

初めは暑いくらいの上天気!

汗をかきつつのハイキング?だったようです。

11時頃。晴嵐荘手前の河原付近。

12時頃。噴湯丘手前にて。

そして12時過ぎ、噴湯丘。

ついに・・・ぽつぽつとやってきたそうです。

同じころ下界で・・・

留守番のO&Aは、お天気を心配していたのですが・・・

11時頃から、先に南の方で雷鳴が鳴りだしました。

12時45分頃、センター前の大町公園から撮影。

下の方に山並みが見えているのが分かりますか?

北アルプスの南部(燕、常念…)方面、既に雲の中です。

積乱雲が見る見るうちに発達していくのが分かりました。

こちらは、大町ダム&蓮華岳方面。

あの二人は大丈夫かしらん・・・と案じていた頃。

湯俣では・・・

12時41分。すっかりザーザー降りに。

(晴嵐荘前の橋。奥に見えるのが仮の木橋で現在渡れるようになっています)

既にびっしょり、晴嵐荘でゆっくりしたいのを我慢して帰路に。

(小屋のTさん、Mさん、お世話になりました!また本番お世話になります!)

帰路、川九里沢も、あっという間に濁っていました。

山の天気の急変を、身をもって感じた日でした。

結局、センター周辺に降雨はなかったですが、急に気温が下がりました。

そして、雨のにおいが漂い、カエルさんも鳴きだしていました。

よく、「雷三日」といって、雷が鳴ると数日続くことが多いです。

この土日は全国的に、少しお天気が心配ですね。

稜線では雷に細心の注意が必要です。

また、沢では一気に増水することも懸念されます。

空の変化をしっかり気にしながら、安全第一に行動しましょう!


Updated: 2020年8月21日 — 6:02 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.