長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

経験値アップ↑の赤岳登山!(夏山入門コース)

19日(金)~20日(土)は、夏山入門コース実践編となる八ヶ岳・赤岳へ!

前回、風雨の爺ヶ岳からのこの講習。

梅雨前線&台風のダブルの影響で予報や降雨状態もコロコロ変わり、

行程変更の可能性も視野に入れての開催となりました。

当日の朝。

朝から雨予報でしたが、良い方に外れました。

皆さんに今回の判断についてや、行程の説明など行い、

班会が終わったら、さあ歩き出し!!

ペースや歩き方など、講師からアドバイスを受けながら

目的地の赤岳天望荘を目指します。

今回は地蔵尾根から。

この辺りで雨が降り出してしまいました。

とはいえ想定内、素早く雨具を着ます。

ここから急登なので、基部でヘルメットを装着。

滑りやすい道を、慎重に登ります。

梯子などの人工物も要注意!

歩き方の指導を受けながら進みました。

「雨ニモ負ケズ、急登ニモ負ケズ!」

なぜか皆さんハイテンション(笑)

そして、稜線前、最後の急な登り!!

とても美しい顔立ちのお地蔵さんに見守られながら、

あと一息がんばるぞー!!

上のお地蔵さんが見えたら、そこは稜線。

ここからは小屋はすぐそこ!

ですが、ここからも気は抜けません。

実は、一番今回危惧していたのは稜線の「強風」です。

独立峰のような八ヶ岳の強風は吹くとすさまじいです。

森林限界超えた辺りで、体感で6-7mくらいでした。

稜線では時折、10mを超える風も吹いたと思います。

とはいえ想定より弱くほっとしたのですが、講師からも

風に対する態勢の取り方など、繰り返し指導しました。

小屋が見えると、歓声が上がりました!

小屋に着いたら、早速班会。

皆さん、1日目だけでもいろいろと学びや気付きがあったようでした。

そして、班会の後は、皆で無事の到着をお祝い!

乾杯~!!

赤岳天望荘の皆さんの、暖かいおもてなしと美味しいごはん、

そして名物「五右衛門風呂」も楽しみ、1日目が終わりました。

———————————————————–

翌朝。

昨日より風は収まりましたが、やはり雨の予報。

午前中の方がよさそうということで、予定通りの時刻に出発です。

お世話になった小屋の前でパチリ。

スタッフの皆さま、ありがとうございました!

学校登山の生徒たちのように?皆でご挨拶して(笑)、

いざ、赤岳へ!!

昨日より濃いんじゃない?と話しつつ、ガスの中。

足元には、可憐な高山植物がたくさんあり、癒されます。

赤岳への登りは滑りやすい岩稜帯。

岩場歩きが苦手、という方もいて、講師が見本を見せながら

一歩一歩あるくと、皆さん姿勢がガラッと変わり安定して

歩けるようになっていました。飲み込みが早い!

そして、急登の途中で・・・

ガスが切れて、麓のレタス畑が一望!!

M講師が前夜に、「晴れたら見えるよ!」と言っていた

景色がまさに目の前!

誰かが「レタス―――!」と叫んで大爆笑に(笑)

その後ガスが切れて、目指す赤岳頂上山荘がそこに。

北アルプスが見えたり、また真っ白になったりと目まぐるしいお天気。

ともあれ、やはり景色が見えるのはいいもんです♪

そして、絶対に見えないと思っていた富士山がうっすら・・・

心の目で・・・はなく、見えたんです!多分(笑)

カメラでは分かりづらい・・・ですねー。

ついに!!

全員で赤岳に登頂!!やりましたー!!

お決まりのポーズで△

(登ってきてすぐに、笑顔で写真撮ってくださった

お兄さん、ありがとうございました!)

山頂から、雲が谷を流れゆくのを眺めることが出来ました。

面白かった!!

 

さあ、登頂後は気を引き締めて。

ここからは、岩場の下りです。

稜線から見て「えー!!ここ下りるの?!」との

喜びの声もあがっておりました(笑)

鎖あり、はしごあり。

岩も濡れて滑りやすいです。

降り方について、足の置き方、運び方、

体の動きも、しっかりとアドバイス。

急峻な岩場は、緊張感も高まります。

・・・が。

やっぱり元気な皆さんでした(笑)

後半は、少しずつ歩き方もスムーズに。

岩場を抜けたところで小休止。

地図を見て現在地や、これからの登山道の確認をしています。

皆さん、地図の見方もだいぶ上手になってきました!

青々とした森の中に見えるのは行者小屋。

行者小屋の前で一休み。

さすが土曜日だけあって、人が多かったです。

ここからは、南沢を下ります。

道中、講師から現在地を聞かれて、即答!

登山者として、確実な成長がうかがえます。

素晴らしいです✨

最後は、赤岳山荘さんでカレーをいただき、振り返りを行いました。

当初は開催についても随分議論しましたが、参加していただいた

皆さんにとっていろいろと得るものの多い二日間となったようで

何よりでした!

さあ、次回はいよいよ2泊3日であのトンガリ山へ!

今回の学びや反省を活かして、楽しく登れますように!!

参加いただいた皆さま、講師の皆さま、ありがとうございました!


Updated: 2019年7月21日 — 4:13 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.