長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

G7 岩稜歩行技術とセルフレスキュー代替え講習開催

代替え??んん?そうです、6月最終週に開催されるはずだった「G7 岩稜歩行技術とセルフレスキュー」講習が無念にも雨のために中止となったため、せめて1日だけでも~、と開催されたのが、この代替え講習です。

元々は自然の岩場での開催予定でしたが、1日だけになったことや、またまた雨に降られることも考え、人工岩場での開催となりました。

しかも今日も小雨がぱらつく天気。そんな中でも皆さん真剣!!

まず、技術のお話の前に安全登山の基礎のお話をしました。

自分の力量にあった山に行くこと、計画、行動、振り返りの重要性。

また、普段からストレッチやトレーニングを怠らないことも安全登山をするうえで重要。

みんなでストレッチも入念に行いました。

自然の岩場には行けなかったのですが、その代わりと言っては何ですが、人工岩場ならではの講習ができました。ロープで確保して、体重心の位置を色々と変えてもらい、どんな登り方どんな体重のかけ方なら安定するのか、またどんな登り方どんな体重のかけ方なら落ちてしまうのか体験していただきました。

怖いとついついへばりついてしまうのですが、体を起こして姿勢をよくしたほうが安定することを皆さん実感していただけたようです。

 

トラバースの際にも体重心の移動を意識することを体験していただきました。

午後からは場所を移してセルフレスキュー講習。

山であいやすい疾病やケガなどのファーストエイドを実技を交えて学んだあと、実際に人を背負って搬送体験を行いました。搬送の大変さを知っていただき「もしも」のときに自分は何ができるかを考えるきっかけになったのではと思います。

 

夏山シーズン本番はこれから!今回の講習でお伝えしたことを山で実践していただき、ぞんぶんに山を楽しんでいただけたらと思います。

 

 


Updated: 2019年7月20日 — 7:15 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.