長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

リーダーコース2回目「残雪期登山の応用」

今週末はリーダーコース2回目「残雪期登山の応用」が針ノ木雪渓で開催されました。

扇沢駅で集合したのち、前回の講習時とは一変、すっかり雪解けが進んだ大沢へと向かいます。

 

移動からすでに講習は始まっています。前回、身に着けた雪上技術の確認をしながら進みます。

今夜の幕営地に到着したらツエルトの設営場所を確保し、大沢へ。

 

 

天候はいまいちですが、皆さん真剣な表情で講師の話に聞き入っています。

心配した雨も降らず、皆さん日ごろの行いが良い方なのでしょう💛

 

講習終了後はそれぞれがツエルトを設営し寝床を作ります。

朝まで快適に眠れるか?は如何に上手に設営できるかにかかっている。

完璧に張れた方、講師からのアドバイスを受けた方、さまざまでしたが、よく眠れたかな?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ⇒ ☼☼☼☼☼☼☼☼☼☼☼☼☼☼☼

翌朝は 5:30 行動開始!

再び大沢へ

昨日に引き続き、

雪上での隔時登攀方法、支点の構築方法や危険個所の通過技術など

リスク回避のための基礎的な技術を学びました。

 

さて、次回からは無雪期の登山に関する講習が始まります。

今回までに学んだことをしっかり復習し、次回につなげていってくださいね。


Updated: 2019年5月21日 — 5:54 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.