長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

今日の乗鞍岳!(「みんなの山写真」)

本日、5月5日こどもの日の乗鞍岳の写真です!

今朝は、申し分のない青空!!

この時期は「春山バス」が運行されているので、

楽に標高を上げることが出来ます。

乗鞍観光センターで乗車し、標高2,350mの位ヶ原山荘まで一気にGO!

(※「大雪渓・肩の小屋口」までの延長運転は5月末予定)

山に入る人は、登山計画書の提出が必要です。

チケット売り場または位ヶ原山荘では、登山届が配布されています。

滑走可能区域などが示された分かりやすい地図もついていますよ!

朝いちばんのバスは、今日がGW中で一番乗客が多かったそうです。

滑走者、登山者、散策の方などなど、色々な方が訪れていました。

今日は、風も弱く、その代わり暑い!!

ハイクアップしている人同士の挨拶も「暑いですね~」(笑)。

4月の貯金もあって、雪はまだしっかりついています。

途中、ライチョウさんのペアに遭遇!

オスの余裕のある(?笑)態度、微妙な距離感?などから、

どうもこの二羽はカップル成立しているようです。

※↑この写真に2羽のライチョウさんが隠れています※

そろそろ、雪が溶けてハイマツが顔を出しているところも

多くなってきました。

この、ハイマツ帯は、ライチョウをはじめとする

高山帯に住む生物たちの大事な住処や食堂。

ニホンライチョウたちはこれから繁殖期を迎えて、

このハイマツの中で営巣・抱卵・子育てをします。

!!絶対に!!立ち入らないように注意しましょう。

※滑走可能区域は、登山届の2ページ目にあります。

今日は、多くの方が剣ヶ峰を目指していました。

午後からは少し雲も出ましたが、お日様が隠れるほどでは

ありませんでした。

こちらは、畳平のパノラマ写真です。

夏は、大賑わいになるのですが、この時期は静かなもの。

最後は、大黒岳と富士見岳の鞍部からドロップ。

位ヶ原山荘のすぐ手前の斜面まで快適に滑走できました。

さすがの3千m峰、まだしばらく楽しめそうですよ!

【山岳地帯へ行く場合】

※下部(スキー場上部までの滑走など)については、日々変化します。

事前と現地で状況をしっかり確認しましょう。

※道路のギャップやガードレールなどにはくれぐれもご注意を!

※バスで気軽に入れますが、山としては完全に「高山」です。

日によっては風も強く、天候により、一気に冬に逆戻りします。

しっかりとした備えで入山しましょう!!


Updated: 2019年5月4日 — 10:39 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.