長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

幕開けは嵐!(夏山入門コース・槍ヶ岳登山~前編~)

先週の金曜日から2泊3日で、夏山入門コース・槍ヶ岳登山を開催しました。

上高地に着くと、なかなかの豪雨と強風・・・
しかしながら、遅れる方もなく全員無事に集合!!

なかなか風雨が収まらず、インフォメーションセンターの一角をお借りしての開講式。

RIMG2016

班会後、少し風は収まりましたが、雨降りの中歩き出しとなりました。
それでもみなさん、元気いっぱい!

明神にて、机の下に何かが・・・

RIMG2028

ハトさんがずぶぬれになって雨宿りしていました。

RIMG2029
まさに「うんざり」といった表情。

我々も、思わず同情・・・というか、同感?!

逆に元気が良かったのは・・・

RIMG2035

そこかしこに出没していたカエルたち!
(Tさんに掴まれて、すっかりお手上げ?!)

RIMG2038

徳澤にはかわいいテルテル坊主もいましたが、当分雨予報。

RIMG2046
登山道も一部浸水していたり、時折雨が強くなったりしました。

「水走りの術」?!忍者のごとく、水たまりを何度もわたりました。

RIMG2040
しかし、皆さんは既に五竜で雨の登山を経験済み。
それぞれの反省、講師のアドバイスから、雨対策はバッチリだったようです!

RIMG2055

悪天候時こそ、現在確認はしっかりと。

講師からは「漫然と歩かないで」「現在地の早めの確認を」

「コースタイムの予想は出来ていますか」などと、

適宜アドバイスや指導を行いました。

RIMG2048

槍沢も普段より水量が増しています。

滑りやすい岩が多く、足元にしっかり注意しながら、

各班無事に、今宵のお宿「槍沢ロッヂ」到着!!

RIMG2063
こういう日は山小屋のありがたみが身に沁みます。
(しかもお風呂がある幸せ!)

班会後にお風呂に入り、暖かいごはんをいただきました。
体調を崩す方もなく、食後は全員で山談義を楽しんでから就寝しました。

——————————————————–
翌朝。
朝の皆さんの挨拶は・・・「夜中すごかったね!!」
夜中は、屋根に雨が叩きつける音で目が覚めるくらいの豪雨だったようです。
しかし、予報は午後から晴れるとのこと。
希望を持って、出発準備です。

RIMG2075

朝食中はかなりの雨でしたが、ありがたいことに出発時は少し収まっていました。

RIMG2076

出発後すぐ、登山道上に小沢が出現!
流れが速かったので確保しながら、一人ずつ慎重にわたりました。

RIMG2088

槍沢カールの下部が見えだす頃には、だいぶ雨が止んできました!

RIMG2097
青空が見えると、一気に暑くなってきました。

RIMG2105
空気も乾いた感じになり、ほっと一息。

今年は雪が遅くまで残り、まだ夏の花も多く残っていました。

RIMG2117

少しずつ標高を上げると、突然、目指すてっぺんが目に飛び込んできました!!

RIMG2134

「みんなで行くぞー!!」
一気にテンション上がります↑

RIMG2145

稜線直下はきつい登り。

しかし皆さん、笑顔です!

この頃、前線が抜けきったようで、最後に一瞬体が浮くほどの

強風に見舞われましたが、無事に肩の小屋「槍ヶ岳山荘」に到着。

RIMG2158

久しぶりの晴れ間ということで、小屋は荷揚げで大忙し。
小屋の皆さんの苦労もうかがうことが出来ました。

風もだいぶ収まってきたので、予定どおり今日登頂を目指すことに。
さあ、皆さん無事に登頂できるのでしょうか?!

後半の様子はまた後日お伝えします!!

LINEで送る

Updated: 2017年8月28日 — 4:00 PM

3 Comments

Add a Comment
  1. アカウメさん
    8/26槍ヶ岳山荘から見える夕日を撮っている際にお会いした三部(さんぶ)です。
    一日目が雨で大変だったこともあり雨から一転して快晴に恵まれた二日目に槍ヶ岳に登頂できたこと、そして360度のパノラマを堪能できたことは本当に嬉しかったですね。
    さらに綺麗な夕焼けも見ることができラッキーでした。
    また、アカウメさんにも声掛けをして頂いたことも、もう一つのラッキーだったかもしれません。
    これを機会に宜しくお願い致します。

    1. 三部さん、早速コメント、ありがとうございます!
      また、その節は我々にきれいな写真をたくさん見せていただき、また
      モデルを努めていただき?!ありがとうございました!
      (後半のblogで使用させていただきますね)
      嵐のあとの絶景で、嬉しさもひとしおでしたね。
      あの夕焼けは、忘れられない思い出になると思います。
      山を挟んでお隣ですから、またきっと山でお会いできると思います!
      こちらこそ、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
      センター赤梅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.