長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

槍・穂高の成り立ちを学ぶ!

そして、三股登山口から登山開始です。土日は、2つの講習の同時開催でした!

一つはリーダーコースのオプション講習1回目。

もう一つは、蝶ヶ岳に登って、地質学の観点から

槍・穂高連峰の成り立ちについて学ぶ講習です。

まずは、「槍・穂高連峰 誕生のヒミツに迫る!」の

様子からお伝えします。

—————————————————————-

信州大学理学部地質化学科の原山智教授を講師にお迎えし、

実際に山に登って、その成り立ちなどを学ぶ講習です。

一昨年から始まり、爺ヶ岳、上高地~徳本峠に続く

第3弾となりました。

直前まで二転三転する予報に翻弄されたものの、

結局、朝には雨は上がっていました。

rimg6716

開講式の後、早速、原山先生から講義がありました。

そして、三股登山口から登山開始です。

rimg6722

途中、登山道や登山道からみえる岩についても

説明をしていただきました。

何気なく踏んづけて歩いている岩にも、いろいろな

ドラマがあるんですねえ・・・

rimg6728

歩き始めは霧の中でしたが、途中で雲の上に出ました。

向かいには、前常念への急な尾根も見えました。

rimg6746

山荘が近づくと、再びガスの中に。

槍・穂の雄姿は、明日にお預けかなあ・・・

rimg6768

蝶ヶ岳ヒュッテの靴箱の上には、上高地周辺の地質図が。

原山先生監修です!

rimg6748

講習後は、講師を囲んでの雑会!山の話をはじめ、いろいろと上がりました!

夜は風が強くなり、時折雨音も・・・

天気を心配しつつ、快適な小屋で眠りにつきました。

————————————————————-

rimg6760

翌朝。

夜明けには素晴らしい空の色。

朝食を食べて、身支度を整えます。

 

rimg6785

「蝶槍」目指して、出発。

穂高連峰は目の前・・・ですが、稜線は雲の中。

それでも、雄大な景色に笑顔が広がります。

rimg6814

蝶槍のてっぺんからは、ブロッケン現象がくっきりと。

居合わせた登山者と思わず盛り上がってしまいました。

rimg6841

その後、三角点まで戻り、原山先生に槍・穂高の

成り立ちについて、詳しい説明をしていただきました。

また、この辺りに顕著に見られる二重山稜誕生の謎に

ついてもおしえていただきました。

rimg6844

また、その場所場所に見られる石にも、その地形の

成り立ちを解き明かす重要なヒントが隠されていることに

ついても話をうかがいました。

これまで何も考えず、踏んだりまたいだりしていた足元の石。

これからは、ちょっと見る目が変わりそうです!!

rimg6862

小屋まで戻って、小休止。

下山直前になって、山々の雲がだいぶ晴れました!!

素敵なプレゼントでした。

rimg6868

名残惜しくも、下山開始。

稜線付近は、ところどころ木々もすっかり色づき、

山々は晩秋の風情が漂っていました。

地質学という観点から山を学んだ2日間。

それぞれ、参加者の皆さんにもいろいろな発見や

楽しさがあったようです。

お天気にも恵まれ、実り多き講習となりました。

来年度の詳細はまだ未定ですが、またぜひ楽しみに

ご参加くださいね!!

なお、興味のある方は、先生の著書

『「槍・穂高」名峰誕生のミステリー』

をぜひご覧くださいね。

普段眺めている山々を、違った視点で

眺めることが出来ますよ!!

LINEで送る

Updated: 2016年9月25日 — 5:15 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.