長野県山岳総合センターは、安全登山の普及・啓発に関する各種事業を行っています

「乗鞍岳 今年最後の登山」(「ビスタリ山ある記」(10))

今年最後のブログは、杉田が綴る「ビスタリ山ある記」。

明日12月28日~1月4日まで、センターは冬期休館となります。

今年も皆さんには大変お世話になりました。

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

長野県山岳総合センター 職員一同

——————————————————————————-

気がつけば今年もあと何日かしか残ってない時期になってしまいました。

12月9・10日、乗鞍岳に登りました。

冬の乗鞍岳に信州側から登るには、麓のMt.乗鞍スキー場のリフトで

スキー場最上部までいき、そこからバックカントリー用に開かれた

ツアーコースを登ります。

1472スキー場の登り

(スキー場からの登り)

スキー場はオープン初日で最終リフトが運転されてなかったので、

1,800mの三本滝レストハウス前から歩きました。

今年は雪が早く、ワカンをつけて膝くらいまでのラッセルです。

今シーズン初めての雪山テント泊荷物は18kg程。

夏の日帰りや小屋泊登山で軽い荷物になれた肩にずっしりと食い込みます。

登山者は、私たちの他に大学山岳部のパーティーが一つだけ。

スキーとスノーボーダーは沢山います。

ツアーコースを登っていって、森林限界の辺りで、先行した大学山岳部の

テントを発見。頂上直下まで行くといっていたのに。。。

テントを通りすぎで、すぐ上の樹林の中に私たちも幕営。

予定通り。ここまで3時間半。5人用のテントに3人入ってスペース楽々です。

西から低気圧接近で南風が吹いたせいか、気温は高めで寝ていても

寒くありませんでした。

 

次の朝は風が少し吹いていましたが青空が出てまずまずの天気です。

1483位ヶ原から振り返り

(位ヶ原から振り返ると穂高連峰が正面 手前が十石山)

時折ブリザードのようになる中頂上の剣が峰を目指して登ります。

1485ブリザードの中の登高

(ブリザードの中の登高)

しかし昨日頑張りすぎたせいか、なんだか体に力が入りません。

仕方なく元気な2人に頂上から東に出ている尾根を辿って頂上に

行ってくるよう言って、私は後からゆっくり登りました。

1492乗鞍岳最高地点の剣ヶ峰

(乗鞍岳最高地点の剣が峰)

2,750mまで登ったところで頂上を往復して下ってきた2人と合流して

そのまま一緒に下山。

4月から時間が出来て、体力回復が大切とトレーニングジムに通ったり、

里山登山をしたりしました。

自分ではここ数年の中では一番体を動かしたつもりでした。

それでも今年最後の登山でこの有様。

数えてみると1月からの登山は講習も含めて47日、

トレーニングで里山登山10回、4月からトレーニングジムに43回。

合計で100日、週に2日は体を動かしていたということですが、

どうも冬のテント泊登山をするには少し体力不足だったということでしょう。

来年秋予定の高所登山に向けてやや不安の残る結果でした。

年末にかけて冬型の天気が続きます。山に入る方は十分気を付けてください。

今年一年ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。


Updated: 2017年12月27日 — 1:09 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Copyright © Nagano Prefecture Comprehensive Mountaineering Center. All Rights Reserved.